お知らせ

Topics

2023日本表面真空学会学術講演会のお知らせ

2023年日本表面真空学会学術講演会

来る2023年10月31日(火)から11月2日(木)まで
「2023年日本表面真空学会学術講演会」が、名古屋国際会議場にて開催されます。
弊社ではセッションにおいて4件の講演、および併設展示会への出展及びランチョンセミナーを開催します。
多くの皆様のご来場をお待ちしております。

会議開催期間:2023年10月31日(火),11月1日(水),2日(木)
会場:名古屋国際会議場 (〒456-0036 名古屋市熱田区熱田西町1番1号)
交通アクセス↓ 
https://www.nagoya-congress-center.jp/access/

ブースNo.「5」(展示室211-212)

【ランチョンセミナー】
日時:2023年10月31日(火) 12:45-13:45   D会場(221会議室)
講演タイトル:Introducing 0.2%BeCu products that brings the Extreme High Vacuum
発表内容:
極高真空を造り出す0.2%BeCu、その素材の特性と0.2%BeCuを使った高性能な製品の紹介を致します。
講演者:黒岩雅英
(ランチョンセミナーでは先着50名様 名古屋名物お弁当用意しております。ご参加お待ちしております!)

【講演】
1件目:講演番号 1Ia02
日時:2023年10月31日(火)10:45~11:00
講演タイトル: Surface analysis and vacuum performance of BeCu material
発表内容: 真空材料としての0.2%BeCu材の表面分析と真空特性について報告します。
発表方法: oral  Japanese
発表者:和田 薫

2件目:講演番号 1Ia03
日時:2023年10月31日(火)11:00~11:15
講演タイトル: Features and welding technology of vacuum structural material 0.2% BeCu alloy
発表内容:従来不可能であったCu溶接、それをハイブリッドレーザーを用いることにより可能にした、真空構造材としてのBeCuの開発状況について報告をします。
 発表方法: oral  Japanese
発表者:佐々木 優直

3件目:講演番号 2lp02
日時:2023年11月1日 (水)14:30~14:45
講演タイトル:Development of a high-accuracy mass spectrometer to ensure the quality of automotive sensors. 
(2022年産業賞受賞講演)
発表内容:自動運転化により進化する車載デバイス、その安全性を担保するためにデバイスの極微小リーク質量ガス分析にについて講演します。
発表方法: oral  English
発表者:黒岩 雅英
    
4件目:講演番号 3Fp05
日時:2023年11月2日(木)13:55~14:15
講演タイトル: Ensuring the quality of advanced semiconductor through quadrupole mass spectrometry for extreme-small leak detection.
発表内容: 進化する先端半導体、その品質を確保するためのデバイス、ウェハー、チップについて質量ガス分析による極微小リーク検出について講演します。
発表方法: oral  Japanese
発表者:黒岩 雅英
2023年日本表面真空学会学術講演会 詳細はこちらをご覧ください。

https://confit.atlas.jp/guide/event/jvss2023/top?lang=en
日本表面真空学会のHPも合わせてご覧ください
↓ 
https://www.jvss.jp/


  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • アペルザTV
  • Extreme High  Vacume Products English  brochure
  • 日本表面真空学会
  • 日本真空工業会
  • Extreme High 
 Vacume Products English  brochure
ページ上部へ戻る